iPhone X でリカバリーモードの入り方

  1. iTunes と Lightning Cable で繋いでおく
  2. 強制再起動と同じ操作を行う。具体的には以下の操作
    1. Volume Up 1回押し
    2. Volume Down 1回押し
    3. Side Button 長押し
  3. iTunes のアイコンが出てくるまで Side Button は押しっぱなし

iPhone X 購入記録

iPhone X 予約記録

  • キャリア別の待機列
  • 昼くらいに行った方がいい

iPhone 7 購入記録

RedPen を使った linter-redpen

Atom の Package linter-redpen を作りました。

以前もこのような RedPen を使った Package を書いていたので第二弾という感じです。

f:id:griffin-stewie:20160403210051p:plain

特徴

"何行目の何文字目" までナビゲート

以前作った redpen package は文書の問題箇所を列挙し、クリックすることで該当行にジャンプすることが出来ました。しかし、具体的な場所(何文字目)までのナビゲーションには対応出来ていませんでした。そこで Atom で使っている他の Lint 系 Package と同じようにピンポイントの場所までナビゲートしてくれるようなものを作りました。

他の linter-XXX ファミリーに準拠した形で linter serviceAPI を使って実装しました。

redpen-server サポート

RedPen にはサーバー機能があります。このサーバーには REST API が実装されています。linter-redpen では通常、RedPen をローカルにインストールしてもらいそのコマンドを叩くのですが、サーバー API を利用する形でも RedPen を利用できるようにしています。設定は通常 redpen コマンドへのパスを入力する 設定項目 Path for RedPen CLIhttp://localhost:8080 のような API サーバーの URL を入力します。

f:id:griffin-stewie:20160403210217p:plain

利用想定としては、以下のような感じです。

  1. ローカルマシン内でサーバーを起動させて使う
    • 文書量とかによるかも知れませんが都度 Command を叩くよりも高速
  2. 社内 LAN 内でサーバーを起動させて使う
    • RedPen 自身をインストールしなくても使えるので技術に疎い人にも使ってもらいやすい

RedPen というツールを試してみたいというのであれば http://redpen.herokuapp.com/ を設定しても良いですがサーバーの負荷もあるので出来れば RedPen をインストールするか自身が管理する環境にサーバーを起動して使うようにしてください。

redpen pacage との違い

指摘箇所が画面下部に一覧で表示されるところは同じです。redpen package のみの特徴として RedPen CLI の実行はユーザー任意のタイミングでできるところです。linter-redpen は Linter Service に依存しているため実行タイミングがコントロールできません。

まとめ

ブログなどテキストを書くことが多い人はぜひ使ってみてください。既存の redpen package も引き続きメンテはしていこうと思っているのでお好きな方をどうぞ。

try! Swift で感じたこと思ったこと

f:id:griffin-stewie:20160303112222j:plain

先週、東京で開催された try! Swift に参加してきました。参加者のブログエントリとしてはかなり遅いですが try! Swift 後の諸々の課題が完了して落ち着いたのでそこで感じたことを書いてみたいと思います。気付けば前回のこのブログの更新から1年以上もご無沙汰していたようで、アウトプットが減ったのだなと感じています。

try! Swift

try! Swift のイベントそのものの説明や、そこで話されたセッションの内容などはすでにたくさんの方が書かれているのでそちらを参照してください。特に id:niwatako さんのエントリ群はすごいのでぜひ "try niwatako" でおググりください。

英語

当日は英語のセッションが8割以上で、会場に来ている人も印象としてかなり外国人が多くいました。セッションと Q&A についてはすばらしい通訳があったので特に支障はなかったでしょう。ただ、それ以外の休憩中やパーティーの時(特に Speaker Dinner)には通訳がないため多くの日本人は外国人と話すことを躊躇しているように感じました。一部の方は積極的に話している印象はありました。

そんな中 @koher さんの働きかけで、参加者の中で日英両方しゃべれる人が通訳として動くことで、日本人と外国人で会話をするきっかけを作ったのはすばらしい提案だった思います。

一方でどうして日本人は話そうとしないのかなと考えました。

  • 通じなかったらどうしよう?
  • 聞き返されたらどうしよう?

このような理由で話すことを恐れているのかもしれない。

でも、僕はこう考えます。英語が話せるか話せないかは重要ではない。"コミュニケーションをとる" ことが重要です。 コミュニケーションとは「お互いが考えていることを共有すること」だと思います。なので海外の人と "コミュニケーションをとる" ≠ "英語を話す" です。海外のカンファレンスでは、当然何かのテーマがあって人が集まっています。一定以上の共通テーマがお互いに存在していることが保証されています。特に開発関連のイベントにエンジニアが行く場合、英語以外にもコミュニケーションを取る "言語" があります。Computer Language です。英語で話せなくても、コードを書けば分かる。ホワイトボードに書けば良い。UMLでもなんでも図を書けば良い。それにエンジニアの場合、毎日のように英語のドキュメントなんかを目にしています。普通の人は知らないような単語を結構日常的に触れていると思います。コードを書くとき、クラス名・変数名は英語ですよね? ごく一般の人と比べて英語に触れる機会は多いのだからなんとかなります。大事なのは姿勢。街中でいきなり外国人に話しかけても普通は気持ち悪いと思われるだけだけど、幸運にもその手のカンファレンスでは、僕らの話す内容を聞いてくれようとしてくれます。これは絶好のチャンスです。僕はたぶんかなり間違った英語を使ってるはずです。それでも、それなりに言わんとしていることは通じているとが感じます。

母国語で書かれている文章だからって全部理解できるわけはないですよね?母国語で話された内容が適切に伝わるってこともないですよね?それが出来ていたらみんなみんな医者でも弁護士でも政治家でもなんでもなれる気がします。業務の中でもコミュニケーションロスなんて発生しないはずです。 でも実際には母国語を使っていても伝わらない事なんて日常です。だから英語をしゃべって外国人に伝わってなくてもしょげることは全くないです。そんなときは、言い方を変えてみたらいい。言いたいことの直訳にあたる英単語が浮かばなくても、そこで思考停止しなくていい。言いたい単語を説明するような発言をすればいい。

自分が考えるコツ

  1. 大きな声で話す
  2. 単語が浮かばなくても気にしない
  3. 抑揚・強弱・リズムを英語風に

聞き返されるときの大半は単純に声が聞こえてないだけなように感じます。大きな声で話すだけでも聞き返される回数は減ると思います。 単語が浮かばなければ、言いたいことを別の言い方で説明すればいいと思います。 英語はダイナミズムに溢れた言語です。日本語っぽく抑揚がない平坦な話し方よりも、それらしいイントネーションで話すだけで大分伝わりやすくなります。

まとめ

昨年から海外出張を含め外国人と話す機会が多いなか、いつも折角の機会なのに外国人に話しかけないのはもったいないなぁと思っていました。try! Swift に参加したきっかけに久々のブログエントリにしました。

英語を積極的に話せるとエンジニアとしてまだまだ武器になるのでは?と思いました。僕自身もこの事を忘れずに英語力を上げていきたいと思います。

Atom から RedPen を簡単につかう Package を作りました

GitHub がメインで開発しているエディタ Atom の Package redpen を作りました。

RedPen とは

普段僕は Objective-CiOS アプリの開発をしています。Objective-C のようなコンパイル言語で typo した場合にはコンパイルエラーがでたり、型を謝ったコードを書いてると警告がでたりすることで事前にミスを防げているわけです。RedPen は自然言語を書いている時にもそれに近いものを得るために作られた自動文書検査ツールです。詳しくは gihyo.jp で連載されているこちらを見ていただいた方がわかりやすいと思います。

Atom Package を作った理由

仕事で書く文書ではアルファベットの前後にスペースを入れるような基本ルールがあって、最近はよくそのレビューを任されることがあり結構面倒な作業でした。そんなときに RedPen の事を知ったのは凄くうれしかったのを覚えています。でも、僕は Terminal の操作が苦手です。このような環境で文書のチェックのために Terminal を開いてコマンドを叩くのは億劫です。自分でブログの記事を書くときには Mou や Atom を使って Markdown で書いています。このような時も同様です。どうにか自分が楽に使いたい。RedPen のようなテキストのチェック機能はエディタに備わっているべきだと思い、ちょっと書いてみようと思いました。

エディタに元々 RedPen の機能があるものは当然ながらなかったので自分で拡張を作る必要がありました。拡張機能の開発がサードパーティでできるエディタとして浮かんだものは以下のようなものです。

この中で自分が使っているのは SublimeAtom だけです。SublimePython で拡張を書く必要があります。AtomCoffeeScript (JavaScript) です。どちらもほとんど触ったことがない言語でした。1番大きかったのは JSONLint の拡張(Package)を Atom で使っていてその UI や使い心地が気に入っていたところです。この Package と同じような作りにすればできるんじゃないかと思ったので Atom Package として書くことにしました。

redpen Package でできること

基本的な使い方はここの Usage を見てもらうと大体わかると思いますが、以下のような感じです。

  1. RedPen CLI のインストール
    • 現在 Homebrew でインストールできるようにするための formula が PR 中
  2. redpen package のインストール
  3. RedPen CLI のパスを設定
  4. Configuration XML の作成とパスの設定
    • 未設定の場合、僕が用意している日本語向けのデフォルト Configuration XML を使います
  5. JAVA_HOME のパスを設定

使い方

適当な

  • Markdown
  • Textile
  • Plain

ファイルを Atom で開いてもらって

  • コマンドパレット(⌘+Shift+P)を開いて RedPen: Validate を実行
  • ⌘+ ⌥ + o を押す

いずれかを実行してもらえば実行結果がエディタ下部に表示されます。問題が検知された場合にはレポート部分をクリックすると該当行にジャンプします。

redpen package の設定画面で Validate on save を有効にすると保存時に実行してくれるので便利かと思います。

まとめ

RedPen というツールは日本語文書を書く人にはとても有益なツールだと思いますのでぜひ1度使ってみてください。その際に redpen package も使ってみてもらえるとありがたいです。