読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneのカメラで撮ったGPS情報を ”地道に” 修正してやる

追記あり: iPhoneOS 2.1 でGPS情報の問題は修正されました。



iPhoneの位置情報サービスをオンにしてiPhoneで写真を撮るとその写真にはGPSの位置情報が埋め込まれます。
旅行なんかでは後で写真を見返す時に非常に便利な機能なのですが、残念ながらこれには今のところバグがあるようです。*1



太平洋上、ロスの沖合w
おかしいですよね。狂ってます。変です。


どうも経度が何故かマイナスになってしまっています。
これを修正するにはマイナスを取るか西になっている部分を東に書き換える必要があります。

アプリを探した

そこでお盆明けに書き換えようとして使ったのがGPSPhotoLinker
個人的にイマイチでした。なぜなら、GPS情報を編集しようとするとデフォルト値として今の値が入ってなくて値が空欄なのです。
ということで、ホントならマイナスを消すだけの作業のはずが、全部手打ちでやらないといけなかったんわけです。
面倒です。


昨日新しく発見した別のアプリがあります。
PhotoGPSEditor


このアプリが素敵なのはGPS情報編集時にデフォルト値として今の値が入ってるのでマイナスだけ消せばいいんです。
すばらしい。

ざっと使い方

初回起動時には下のような画面が出てきます。
ここで ”Do not show 'wizard' at start-up” のチェックをオンにして、 ”Use 'advanced' window” ボタンを押します。



するとこのような画面になるので左下にある”Load Photos”ボタンから写真を選択するか、このウィンドウに写真をドロップします。




取り込めたら、ウィンドウ上部の”Edit Photo Data”タブをクリックして切り替えます。




あとはLongitudeの値のマイナス部分を削除して、Enterを押してみて下さい。GoogleMapが正しい位置を表示するようになるはずです。




最後にウィンドウ右下にある ”Save Photos”ボタンをクリックするだけです。


このアプリは他にもさっきのエディット画面にあるGoogleMapのピンを任意の場所にドロップすると
それに合わせてGPS情報も書き換わるのでGPS情報のない写真データにGPS情報を書き加えることもできます。
それにGPSファイルを使ってマッチングさせることも出来るようです。


おすすめです。



関連エントリ

iPhoneのカメラで撮ったGPS情報を ”一括で” 修正してやる - griffin-stewieの日記
RewriteGPSInfoをドロップレットとして動かす方法 - griffin-stewieの日記

*1:日本で撮影した場合?