読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FUM行ってきました

本日、FenrirUserMeetingより戻ってきました。
と言っても今はネットカフェからです。

2008年3月14日に少し追記しました

とりあえず、楽しかった。

まずはそれにつきます。
普段使っているSleipnirの中の人と実際にお会いできる機会を作っていただいて本当にありがとうございました。

何から書けばいいのか分からないけど

FenrirさんからのFUMの出席者は
・泰幸氏
・t_o氏
・タクヤ氏
・きたの氏
・キヨタカ氏
あと、謎のゲストとしてDarksky氏が出席されていました。

印象

Fenrirのみなさんが口を揃えておっしゃっていたのが

  1. 「リリースした物に対してリアクションがもらえるのがうれしい。」
  2. 「ユーザの皆さんと顔を見て話せる機会が持てた事がうれしい。」と言う事。

特に印象に残ったのが泰幸氏が
「自分が作ったもので他の人が喜んでくれる事がすごくうれしい。」
「プログラミングはそのための過程のひとつ。」
といったことをおっしゃっていました。

t_o氏

某所での囁きなどでも伺えますがジェントルメンといった感じです。
いろんな事に気を配ってらっしゃる感じでサッカーの司令塔のようなと言うか、
芸能人のマネージャーの様なと言うか、なんかそんな感じです。*1

タクヤ氏

Sleipnirのコアな部分を主に担当されているそうです。
落ち着いた感じの印象です。縁の下の力持ちの様な感じ。
サッカーでいうならボランチ?センターバック?のような印象。
僕や由々識さんからの突っ込みに技術的な視点で答えていただきました。

きたの氏

某掲示板での書き込みの印象通りで、まじめで熱い感じが伝わって来ます。
書き込む文章も熟考されているそうです。
僕たちユーザからの要望を熱心にメモを取ってらっしゃいました。*2
サッカーでいうならフォワードのような印象?

キヨタカ氏

キヨタカ氏とは残念ながらあまりお話できなかったのですが、
下に書きますがpotaにこれから取り組んでいくそうです。
あまりお話できなかったのでサッカーで言うと・・・サイドバック

その他

某掲示板の書き込みやユーザのブログ、フォーラムは基本的に目を通しているそうです。


基本的に社内のほとんどのPCはiMacにBootCampを使ってWindowsを起動させているそうです。
「いいデザインのものに触れていないといいものが作れない」といった考えの元、
わざわざ割高感のあるiMacを使っているそうです。


泰幸氏はMacBook Airを使っているそうです。ちなみにHDD搭載モデル。
Macユーザでもある僕にとって聞き捨てならない発言が
「Mac版Graniなんかできたらいいね」と。
個人的にwktkポイントです。
ここでなぜMac版SleipnirではなくGraniなのか聞くのを忘れた・・・。


会場にいた人たちに元組み込み系(主にケータイ)の方が多い印象。


健全な情報漏洩

t_o氏からFUMで話した内容に関しては基本的にブログに書いても良いと言われたのでリークします。

potaを刷新

今のpotaよりも軽いものに変えていく計画だそうです。
Sleipnirともっと連携したものにしたいと考えているそうです。
その中のアイディアの一つとして、前回終了時のタブをサムネイルで表示できる様にしたいそうです。

非常に興味深い内容です。

新プラグイン

会場で資料を配られました。
これが参加者へのプレゼントだそうで、まだリリースされていません。
来週中にはリリースされる予定だそうです。
あとで、簡単にレビューのエントリを書きたいと思っています。
某所でもちょこちょこと要望にあがっていた機能です。

SDK

泰幸氏のSDKリリースにあたっての気にしている事があるそうです。
それは、多くのプラグインが作られたときのデザインの統一感だそうです。
現状、そのあたりのガイドラインの様なものがきちんと作られていないそうです。
Apple(Mac)はその当たりが結構キチンとしてて統一感があるね、と。
それ故になかなかSDKをリリースできないそうです。

まとめ

Fenrirの方々はみなさん情熱(Sleipnir愛)のある方々ばかりでした。
今回、こういったミーティングに参加できて良かったと思いました。
Fenrirの方々も同じような感想を持ってらっしゃるようなので
きっと第二回、第三回と場所を変えながらFUMが開かれると思います。


このエントリに一時間以上掛かっているのにこの意味不明な文章 orz
何か気になることがある方はコメント頂ければと思います。

*1:何だよそれ!

*2:泰幸氏も