読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TextMateでSleipnirのスクリプトが使える〜(無理矢理)

ヱビスブログ » TextMateでEUCなファイルを無理矢理扱う
こちらのブログでEUCで開く&保存の方法が紹介されています。
ということで僕はShift-JIS版

#!/usr/bin/env ruby
#Save as Shift-JIS
require "nkf"
content = NKF.nkf('-Ws -m0 -x',STDIN.read)
open(ENV['TM_FILEPATH'],'w'){|io| io.write content}
#!/usr/bin/env ruby
#Open Shift-JIS
require "nkf"
print NKF.nkf('-Sw -m0 -x',open(ENV['TM_FILEPATH']).read)

単にeucの"e"をShift-JISの"s"にそれぞれ替えただけです(汗)
Shift-JISが扱えるといっても、実際には見ての通りファイルを開くときにはShift-JIS→UTF-8エンコーディング。保存の時もその逆をしているだけです。
とはいってもこれはすばらしい。今まではSleipnirのスクリプトをTextMateで書きたくてもエンコーディングの問題でイマイチ使えなかったのですから。

実はこういう風にrubyでこの手の拡張スクリプト(のようなもの)を書けるってことしりませんでした。TextMateって素敵。これで日本語の表示さえ正式に対応してくれたら完璧かも。